晴れた日は布団に入って

漫画を読むか寝るかしています。睡眠の感想は書けないので漫画の感想とかを書きます。

シオリ エクスペリエンス ジミなわたしとヘンなおじさん

 

 

 11月末に本屋で平積みされてるの表紙を見てグッと来たんですが、ちょうど別の漫画をバキバキ買ってたのでスルーしてたのをようやく購入。1,2巻同時発売でした。

 

 学校では影が薄く生徒にも馬鹿にされているジミな英語教師・本田紫織(27)はある日、アフロヘアーのヘンなおじさんの幽霊に取り憑かれてしまう。それは紫織と同じ27歳でこの世を去った伝説的ギタリスト、ジミ・ヘンドリクスだった。彼は紫織に対して「27歳のうちに伝説を作らないとあんたは死ぬ」と宣告する。何が何でも伝説を作らなければならなくなった紫織は悩んだ末に学校に軽音楽部を設立し、部員を集める。……というのがひとまずのあらすじです。

 

 結論から言うと最高に面白い!1冊200ページくらいあって結構分厚いんですが一気に読みました。スーツでメガネの女性がギター抱えて涙目になってるのを見た瞬間に買うべきだったんですよ。

 本当はやりたいことがあるのに周りからの抑圧や自分の立場、年齢のために尻込みしてしまう紫織と吹奏楽部の井鈴、2巻で初めて登場する野球部の初範が自分の気持に素直になって向きあう様の描写は必見です。

 そして何よりこれは音楽漫画。ジミヘンが取り憑いてトランス状態になった紫織(2巻の表紙参照)のプレイ描写の疾走感が素晴らしい!スイッチ入ったメガネの女性はどうしてあんなにカッコいいんでしょうか。あとジミヘンが無駄にクールなのがずるい。3巻以降の展開に期待せずにはいられません。

 

 

 どうでもいい話なんですがメガネ女子で思い出したのがTOBI先生の『お前ら全員めんどくさい!』がすっごいおもしろそうなのでそのうち読みます。あと最近メガネ変えました。