読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れた日は布団に入って

漫画を読むか寝るかしています。睡眠の感想は書けないので漫画の感想とかを書きます。

空が灰色だから

漫画

空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)

空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)

週刊少年チャンピオン連載。


各所で話題のこの作品ですが、とにかくすごい。
話の一つ一つに連続性がないオムニバス形式の作品なのですが、その内容は実に様々。

第一話は
「恥ずかしがり屋のフリーターが、その正確を直すために、夜中にバニーガールの格好で奇声を上げながら徘徊する」
というギャグのような内容なのだけれども、
第二話は
「仲が良かった友達の嫌いな点を挙げ続けたら気持ち悪がられる」
という、狂気のような話。
その後の第三話では母子家庭のハートフルストーリーを描くという、読んでみるまでわからない、パンドラの箱のような一冊。

以上の3本はまだ序の口で、その他合わせて12の短編が、どれも違った切り口で読者の心を抉って来る。

この作品に登場する主人公格のキャラクターはどれも頭のネジが一本飛んでると言えばいいのか、
常人とは違った感覚を持っているのが特徴。
ネタバレになるのが怖いので、あとは読んでのお楽しみ、ということで。


帯に書かれた「心がざわつく」というキャッチフレーズの通り、読んでいて奇妙な感覚に囚われることは間違いない。
読み始めと読み終わりの感覚が全く違うこともある。
おそらく読む人を選ぶ漫画だろうなぁとは思うけれど、まだ読んでないならば新しい刺激として読むとよいのでは?