読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れた日は布団に入って

漫画を読むか寝るかしています。睡眠の感想は書けないので漫画の感想とかを書きます。

屋上姫

漫画

屋上姫 ? (フレックスコミックス)

屋上姫 ? (フレックスコミックス)

FlexComics ブラッド連載。

彼女は嘘をついている。(帯より引用)



「私たち、付き合ってみない?」


主人公・黛(まゆずみ)陽平は小学生の頃からの友人と高校入学を果たした。

入学式の朝、その友人の一人が執拗な部活の勧誘に遭ってしまう。

そこに現れ友人を助けたのは、「屋上姫」と呼ばれる容姿端麗・成績優秀な生徒会長・霞上澄花。陽平はそんな彼女の振る舞いを見て一目惚れをしてしまう。



入学式の直後に空を見上げると、屋上から降ってきたのはバラバラになった花束。

屋上へ昇ってみると、そこに一人で立っていたのは「屋上姫」だった。

出会ったところで言葉の見つからない陽平は、今朝のトラブルの礼をする。彼女は誰にでもできることだと謙遜するが、その時陽平の口をついてしまった言葉が、

「先輩のそんなところが好きです」。

恋愛感情を持って言ったつもりはなかったのだが、彼女は陽平の顔を覗き込み、

「そんなに好きなら付き合ってみる?」

そう問いかけた。




表紙に描かれた屋上姫の物悲しそうな顔と帯のインパクトに魅せられ購入。

基本的に無表情の「屋上姫」とあまりの展開の早さにどうすればいいのかと悩む陽平の温度差がよい。

もっとも、この漫画の注目すべきところはそこではなく、登場キャラクターの持つ恋愛感情の方向である。

お互いに何も知らないカップルなどあるわけがない。「屋上姫」は陽平ではない、別の人物に向けた恋愛感情を持っているのである。

すれ違う二人の気持ちと、交差する多ベクトルの恋心に注目すべき一冊。