読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れた日は布団に入って

漫画を読むか寝るかしています。睡眠の感想は書けないので漫画の感想とかを書きます。

花のズボラ飯

花のズボラ飯

花のズボラ飯

Eleganceイブ連載。
原作は言わずと知れた「孤独のグルメ」の久住昌之先生です。


帯に「女版『孤独のグルメ』」と記されたこの作品ですが、読んでみれば実にその通り(原作者が同じなんですけど)。話の持つ独特の雰囲気が、絵は違えど見事に表現されています。


この本には単身赴任中の夫を持つ主人公の花子が日々をだらしなく過ごしつつ、毎回ズボラな料理を作る、という話が17編収録されています。


話の中に織り交ぜられる花のしょうもないダジャレやボケに少々腹立たしくなってしまう部分もあるのですが、食事の描写はさすがの一言です。


ドケチ料理、というわけでもなく、ただ自分の都合に合わせて好きなように作り(作らないことも)、これまた実に美味しそうに食べるのです。見ていて清々しくなってくるような……


やっぱりグルメ漫画はこうでなくちゃ!と感じました。


私自身も食事をしている時が一番幸せだと感じる部類の人間なのですが、花の食事をしている姿には大きな共感をさせられます。



孤独のグルメの既読者はもちろん、ご飯を愛するすべての人にオススメできる漫画です。是非一読を!