読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れた日は布団に入って

漫画を読むか寝るかしています。睡眠の感想は書けないので漫画の感想とかを書きます。

友達100人できるかな

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)

友達100人できるかな(1) (アフタヌーンKC)

アフタヌーン連載。既刊4巻。

代表作に「ラブロマ」を持つとよ田みのる先生が描く作品です。



出産を控えた妻と、平凡ながら幸せな生活を送る36歳の小学校教諭・直行の前に現れたのは地球侵攻を目的とした宇宙人。

彼らの侵略を回避する条件はただ一つ、「愛の存在」を証明するために友達を100人作ること!

直行は「試験会場」とされた1980年、小学校3年生の頃にタイムスリップさせられ、二度目の小学校時代を送ることになる。

さあ――友達100人できるかな



この作品の面白さとして特筆すべき点は、人と人との間にできる友情が結ばれていく過程です。

この試験における「友達になる」というのは、直行の腕に時計のようにして取り付けられた「カウンター」と呼ばれる装置で測られる「人間同士の愛の力」が一定の数値まで達すれば成立するもので、直行はあえて数値が少ない人間を選び、幾度も逆境からの友達を作っていきます。

見た目は小学生でも思考は36歳の直行は、その過程の中で小学生の頃に気がつかなかった様々なことを教わります。

友達が増えていくにつれてだんだんと強くなっていく直行の姿に、私はしばしば目頭が熱くなってしまいました。

作品の時代背景が1980年といういい具合にレトロな感じなので、この時代に生きた人が読めば、さらに面白みが増すのではないかと思われます。


作画は特別うまいというわけではありませんが、氏の過去作品「FLIP-FLAP」および「ラブロマ」と同様、個性的な書き文字のインパクトには目を見張ります。

まだまだ物語も中盤(のはず)なので、是非一読を。